「書く力」を身につけ「生きる知恵」を習得する1日【禅クリエイターズアカデミー】『1dayライティング講座』2018年3月21日
5a87c309c8f22c4f8b001f64 5a87c309c8f22c4f8b001f64 5a87c309c8f22c4f8b001f64 5a87c309c8f22c4f8b001f64

「書く力」を身につけ「生きる知恵」を習得する1日【禅クリエイターズアカデミー】『1dayライティング講座』2018年3月21日

¥30,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

zca20180321.pdf

78.1KB

「書く力」を身につけ「生きる知恵」を習得する1日 禅クリエイターズアカデミー「1dayライティング講座」 ============== 【開催日】 2018年3月21日(水/祝日) 【1日の流れ】 ・9時00分:開場 ・10時00分:午前の講座スタート ・11時30分:昼食 ・12時45分:午後の講座スタート ・18時00分:講座終了 ============== 【講座内容】 ○心得・哲学・理論(担当講師:大愚 元勝) ・人間にとって「書く(表現する)」とは何か? ・コミュニケーションの本質 ・生き方・働き方・人間関係の極意 ・「書く力」=「生きる知恵」 ・世界が注目する「禅」とは? ○ライター&ライティング概論(担当講師:小川 真理子) ・ライターってどんな仕事? ・稼げるライターになるための3つの方法 ・「ライター」という仕事の魅力 ・「書く」を仕事にするための10の秘訣 ○実践文章書き方講座(担当講師:藤吉 豊) ・「いい文章」と呼ばれる2つの条件 ・おもしろい文章とは ・わかりやすい文章とは ・おもしろい文章を書くためのテーマの決め方 ・わかりやすい文章を書くためのターゲットの決め方 ・文章が苦手な人に共通する「9つ」のこと ・「読みたい」と思ってもらえるタイトルのつけ方 ・明日から使える文章の質をあげる3つのコツ ○その他 ・ワーク ・質疑応答 ============== 【会場】 〒485-0802 愛知県小牧市大草5229番地 福厳寺 グーグルマップURL https://goo.gl/VSH2R7 【交通機関】 ○電車とバスでのクセス ・春日井駅から名鉄バス「城山4丁目」まで約30分→バス停から徒歩10分 ○お車でのアクセス ・東名高速道路「春日井IC」を降りて、約10分 ○空港からのアクセス ・県営名古屋空港(小牧空港)からお越しの際は、利便性のよい最寄駅・バスがございませんので、タクシーをご利用いただくのがオススメです(約25分)。 【参加費】 30000円(税込)(昼食・記念品付き) 【募集人数】 60名(申込み多数により30名より増枠) 【締め切り】 平成30年3月17日(土) ============== 【講師紹介】 ■ 藤吉 豊(ふじよし ゆたか) フリーランス4名による編集ユニット「クロロス」のメンバー。 日本映画ペンクラブ会員。 編集プロダクションにて、企業PR誌や一般誌、書籍の編集・ライティングに従事。 編集プロダクション退社後、出版社にて、男性情報誌、自動車専門誌、2誌の編集長を歴任。 2001年からフリーランスとなる。 現在はおもに、企業をクライアントとするPR誌&販売促進ツールの制作や、ビジネス書籍の企画・執筆・編集に携わる。 文化人、経営者、アスリート、グラビアアイドルなど、インタビュー実績は2,000人以上。 2006年以降はビジネス書籍の編集協力に注力し、150冊以上の書籍のライティングに従事。発行部数累計は400万部以上。 大学生や社会人に対して、執筆指導なども行っている。 ・編集協力に携わった書籍 『大富豪アニキの教え』丸尾 孝俊 『ありがとうの神様』小林 正観 『バカでも年収1000万円』伊藤 喜之 『1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得』小山 昇 『部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書』出口 治明 『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』近藤 宣之 『限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法』為末 大 ーーーーーー ■ 小川 真理子(おがわ まりこ) フリーランス4名による編集ユニット「クロロス」に参加。 日本映画ペンクラブ会員。 編集プロダクションにて、雑誌や企業PR誌、書籍の編集・ライティングに従事。 フリーになった後は、電通レイザーフィッシュにて企業のWEBサイトのコンテンツ制作に関わり(非常勤)、仕事の幅を広げる。 現在はおもに、企業や自治体、大学をクライアントとするPR誌やビジネス書、実用書などの編集、執筆に携わる。 子ども、市井の人、イケメン俳優、文化人などインタビューの実績は数知れない。 得意なジャンルは「生活」全般と自己啓発など。自ら企画編集執筆した本に『親が倒れたときに読む本』(エイ出版)がある。 近年はライティング講座にも力を注ぐ。 ・編集協力に携わった書籍 『親が倒れたときに読む本』 『自分を超える法』ピーター・セージ 『アロマセラピー使いこなし事典』池田 明子・今西 二郎 『ズボラ大人女子の週末セルフケア大全』池田 明子 『スーさんの「ガリガリ君」ヒット術』 鈴木 政次 『食品添加物ほんとうの話』三輪 操 『ウソをつく化粧品』小澤 貴子 ーーーーーー ■ 大愚 元勝(たいぐ げんしょう) 禅クリエイターズアカデミー理事長 大叢山 福厳寺住職。慈光グループ代表。 (株)慈光マネジメント代表取締役。 住職、会社経営者、セラピスト、教育者、空手家など複数の顔を持つ異色の僧侶。愛知県小牧市にある、540年の歴史を誇る禅寺、福厳寺に育つ。3歳で経を習い、5歳で葬儀デビューするも、堅苦しい伝統やしきたり、厳しい師匠に反発して18歳で寺を飛び出す。二度と日本に戻らぬ決意で単身渡豪するが、人生に迷って寺に戻る。その後、本山での修行、大学院進学、幼稚園勤務を経て事業を興す。35歳の時、改めて僧侶になることを決意。会社の経営を後継者に任せ、インドから日本に至るまで、仏教伝道ルートを中心に18カ国を旅し、僧侶やお寺のあり方を問い直す。平成27年1月、福厳寺第31代住職に就任。現在は、住職と3法人7事業を展開する事業グループの代表を務めるかたわら、執筆や講演などを通じて、仏教の知恵をわかりやすく伝えている。 夢は、慈悲と知恵の教えである「仏教」を憲章とする、小さくて美しい寺町を創ること。「人づくり、生きがい(事業)づくり、町づくり」をテーマに、平和でユニークな地域創造を目指して精進中。 ============== 【主催】 株式会社ナーランダ出版 禅クリエイターズアカデミー事業部

その他のアイテム